保険相談のおすすめ保険ショップはどこ?

<保険の窓口の評判は/h1>

まずは、貯蓄型保険の中身を理解しよう!

当時は現在に比べ遥かに予定利率が高かった保険と貯蓄はしくみが異なります。貯蓄性のある保険。とはいえ、生存時にお金を受け取れるよう、掛け捨て型よりも多く保険料を支拡っているに過ぎません。

確かに、保険が有利な貯蓄になったこともあります。それは予定利率がとても高かったから。張り返ってみると90年ごろの養老保険は、25歳男性が毎月1万6300円支払うと、総支払い保険料580万円に対し、初年後の満期保険金は慣と1000万円でした。何せ生命保険の予定利率は、いくら市中金利が下がろうと契約時のまま変わることがありません。満期返戻金や基本主主額がすべてお約束された金額ということに安心感もありました。

こうしたメリットをさらに押し上げたのが保険税制。利息に20%の源泉分離課税が適用される他の金融商品とは異なり、満期保険金は一時所得扱い。50万円以上増えなければ非課税扱いの特異材きです。こうした複数の要因が幸いし、貯蓄型保険は安全確実かつ有利な貯蓄の手段として、多くの人に利用されてきました。そしてその人たちの経験則から、子どもが生まれれば「学資保険」、老後といえば「個人年金保険」「養老保険」といったイメージが、翠仕であ根強く残っているのでしょう。

みつばちほけんの評判は

しかし、それはすでに過去の常識になりました。バブル崩壊以降、保険会社はそれまでのような運用益が見込めなくなり、予定利率は85年の6・25%をピークに低下。

現在は過去最低水準です。予定利率が低下すると、同じ満期保険金でも保険料が高くなるので、貯蓄型とはいえ現在では元本割れも珍しくありません。また、予定利率が契約時のままであるということは、現在は逆にデメリットになります。なぜなら、今後市中金利が上がり、より有利な金融商品が登場したとしても、現在の低い予定利率のまま、契約が長年にわたって固定されてしまうからです。

貯蓄型保険が有利かどうかは数字で検証

そうはいっても、人の心の中に定着した商品イメージは、かなり強固なものです。多くの人は「老後準備=個人年金」にあまり違和感を持たないでしょう。その時、「貯蓄として有利なのか?」なんて考えもしなかった、という人も少なくないと思います。

でも考えてみれば、銀行にお金を預けるとき、誰でも「より金利の高いところへ預けよう」と思つのではないでしょうか。それと同じことで、貯蓄型保険を「貯蓄」として使うのなら、他の金融商品と比べて判断するのが基本だと覚えておいてください。利率「年○%」という基準で並べれば、保険も他の金融商品と比較することができます。

また現在では、貯蓄型保険と一口にいってもいろいろあります。おなじみは将来受け取れる金額が決まっているタイプ。一方、変額年金などは保険の形を使った投資面品ですから、将来の受取金額は運用の結果次第となります。よって、契約時の注意点弘、通常の保険とは異なります。これらはしばしば銀行で勧められるものです。

保険の窓口の口コミ評判

生命保険の基本型

生命保険が複雑で、わかりにくいと感じるのは、1つの商品がいろいろな基本種類や特約を組み合わせてできていたり、保障性と貯蓄性という2つの特性をもっていたり、そのうえ使われる用語がむずかしいからです。しかし、分類の仕方を工夫し、特徴を明らかにすることによって、より身近な存在になります。ここでは、いくつかの分類の仕方を紹介します。

(1 )死亡保険、生存保険、生死混合保険

生命保険の基本種類を、どのようなときに保険金が支払われるかで分類すると、「死亡保険J、「生存保険」、「生死混合保険」の3種類に集約されます。

1) 死亡保険「死亡保険」は、被保険者が死亡した場合にかぎって保険金が支払われるもので、保障を重視したタイプの保険です。ただし、死t保険においては、生存していても、両目を完全に失明したり、言語・そしゃく機能を永久に失った場合や、中枢神経系・精神などに著しい障害を被り、生涯にわたって常に介護を必要とする状態になった場合などの「高度障害Jについては、死亡と同様の取扱いになります。この死亡保険の種類にはいるのは、一定の保険期間のみ死亡保障を行う「定期保険」、保険期聞が一生涯にわたる「終身保険」や、終身保険に定期保険を上乗せした「定期保険特約付終身保険」があります。

2)生存保険

「生存保険」は、死亡保険とは反対に、契約してから一定期聞が満了するまで生きている場合にのみ保険金が支払われる保険です。なお、途中で死亡した場合には、掛捨てになるのではなく、払い込まれた保険料などを死亡給付金として支払う仕組みになっています。実際には、生存保険をベースにして、各種の死亡保障がつけられています。この生存保険には、「年金保険」、「貯蓄保険」、「こども保険」などがあり、目的が明確な資金の貯蓄に役立つタイプの保険です。

3 )生死混合保険

「生死混合保険」は、死亡保険と生存保険を組み合わせた保険です。被保険者が、保険期間の途中で死亡または高度障害になったときには死亡・高度障害保険金が支払われ、保険期間満了まで生存したときは満期保険金が支払われる仕組みになっています。この種類の典型的なものは「養老保険jで、死亡保険と生存保険を同じ

割合で組み合わせ、保険期間内に死亡した(あるいは高度障害となった)場合でも、満期まで無事生存した場合でも、同額の保険金が支払われます。また、養老保険に定期保険を上乗せしたものを「定期保険特約付養老保険」といい、満期保険金より死亡の場合の保障が大きくなっています。現在販売されている生命保険は、純粋な死亡保険を除き、ほとんどが「生死混合保険Jにはいるといえます。

保険相談が人気の理由

生命保険には高度障害保険金が受けられるだけではなく、保険料払込の免除も受けられることがあります。

保険料払込の免除とは、次のようなケースになった場合、それ以降の保険料の支払いをしなくてもよいという制度です。

①こども保険の契約者が死亡または高度障害状態になった場合
②年金保険の被保険者が高度障害状態になった場合
③被保険者が災害で所定の障害になった場合
高度障害状態とは前項で説明したとおりです。
なお、所定の障害とは、災害が発生した日から一八○日以内の状態です。

配当金は、通常配当の場合は一般的には契約後、三年目から毎年支払われます。特別配当の場合は一定期間経過後に毎年支払われます。この配当金の受取方法には次の四つの種類があり、契約者が保険に加入するとき自由に決めることができます。

■現金で受け取る……配当金を年一回現金で受け取る方法です。少しでも現金を受け取りたいという

■保険料との相殺……配当金と保険料とを相殺する方法です。保険料の負担を軽くしたい人向けで、配当金の分だけ保険料が安くなります。

■配当金の積み立て……配当金を保険会社に積み立てておく方法です。積み立てた分には利息がつき、途中で引き出すことも可能です。満期や死亡したときに保険金と一緒に受け取ります。

■保険金を買い増しする……配当金で保険金を買い増していく方法です。満期保険金や死亡保険金が、毎年増額していくことになります。

しかし、途中での引き出しはできません。配当金は保険の種類によっては受取方法が決まっている場合もありますから注意してください。

個人年金の受取方法もいろいろあhます。どの受取方法が一番合っているのか、よく検討してから決めてください。一党取方法は次の三種類です。■定額型……年金支払期間を通して、基本年金額が一定です。

■逓増型…:.基本年金額が、毎年三%あるいは五%と増えていくタイプです。この方法は、最初に受け取る年金を抑えておき、後にいくほど受け取りを大きくするものです。長生きをすればするほど受け取る年金額が増えていくわけです。

■前厚(まえあつ)型……これは、年金支払開始後の五年間の年金額が、六年目以降の年金額の二倍に設定されているものです。九四年四月から新しく登場しました。この方法だと、公的年金の支給開始が六五歳からでも、最初の五年間を厚くしているため、公的年金支給開始までのつなぎ資金として利用できます。

保険ショップで保険相談を無料でうける

タバコを阪わない人はさらにオトクな保険

タバコを阪わない人はさらにオトク!死亡したり、高度障害を負ったりしたときに保険金が支払われる、掛け捨て型の保険です。毎年少しずつ保険金が減っていくのが大きな特長です。死亡保険金の適正価格(専門用語で「必要保障額」といいます)って、一般的には末の子供が生まれたときがピークで、その後年をとるにつれて少なくなります。

この保険は、必要保障額と同じように自動的に保障を減らしていってくれるので、長い期間同じ保障額でいる保険よりも、リーズナブルな料金で契約できるのです。保険金が減る割合は保険期間によって違いますが、当初の保険金の加%相当額に達すると、その後は満期まで却%のままで推移します。

保険期聞がお年のものであれば、1年目の100%から毎年4%ずつ保障額が減っていき、幻年目からお年目(満期)までは却%:::となります。逓減定期保険は他の保険会社でも取り扱っていますが、保険料のリーズナブル度はピカイチ。タバコを吸わない人はさらに安い保険料が適用になるので、狙い目です!

保障は65歳まで、保険料の払い込みは60歳まででもOk

死亡したり、高度障害状態になったりしたときに、遺族(保険金受取人)に対して、お給料のように毎月給付金が支払われる保険です。給付金は保険期間が終わるまで受けられます。

一家の働き手に万一のことがあったときに、お給料が振り込まれなくなるのが不安な人、大金を一度にもらったらムダ遣いしてしまいそうな人にピッタリな保険といえるでしょう。

このような保険は一般的に「収入保障保険」といい、他の保険会社でも取り扱われています。しかし、この保険のょいところは、配当を出さないなどの工夫で保険料が安いことと、保障期間よりも保険料の払込期間を短く設定できることです。保障を受けられる期間と保険料の払込期間は一般的に同じですが、「保険料の支払いはω歳までに終わらせたい。

しかし、保障は白歳までほしいわ」というワガママも聞いてくれます。なお、保障が切れる直前に亡くなっても所定の期間(最低支払保証期間)分の給付金は受けられるのでご安心を。最低支払保証期間は、2・5年から選べますが、期間を長くするほど保険料が高くなるので気をつけましょう。

保険相談したい場合の準備

40代以上の中高年の方の多くは、病歴があったり、健康不安があったりして、医療保険に入れないこともしばしば。これまでは、病気に対する心配が最も大きい層なのに、保障が得られないジレンマを抱えていました。

そこで登場したのが、色々な条件を付けて、保障内容も下げて入りやすくしたのが、中高年向け保険です。告知書が不要な保険や、現在病気療養中の人でも入れる保険などがあり、中高年の人気を集めています。

おもな商品には、「悠悠はつらつ入院保険」(アリコ)、「千客万頼」(住友生命)、「MYどっく」(明治安田生命)「医療名人EX」(日本生命)等があります。ただ難点は、入院給付金が支払われる条件が理解しづらいこと。CMや広告では触れられない、実に細々とした制約が設けられています。

加入時にここ||給付金が支払われないケlスをよく確認しておかないと、トラブルになりかねません。保険会社にとって支払いリスクが高い商品は、そのリスクを抑えるためにさまざまな制限が設けられていますので、そのことを念頭に置き、中身を慎重にチェックすることが求められます。

以上、6種類の医療保険について簡単に説明しましたが、中心になるのはやはり、病気全般を保障対象とする入院保険です。いままでの死亡保険中心から自分のために備えるという医療保険への流れは加速され、ついには生保トップの日本生命も2005年9月初日に医療保険を発売しました。

これからさらに、商品は増える一方ですし、保障内容はどんどん複雑になってきます。CMや広告は実にシンプルにメリットだけを強調していますが、パンフの中にある「ご契約のしおり」や「重要事項説明書」の内容を仔細にチェックすると、驚くほど「ただしつまり、商品を提供する会社は甘い文句で消費者を誘う一方で、ちゃんと「保険金を払書き」が多いことに気付きます。

わずにすむ」ためのハードルを設けているわけです。医療保険の基礎知識を固めたら、次は具体的な自分に合う商品選び。本書では次章以降、医療保険にはどんな落とし穴があるのかを検証していきます。ぜひ、商品選ぴの参考にしてください。知らないことがいっぱいです。

支払い方法をどうするかは、終身払いの保険料総額が、自分が何歳まで生きた時点で有期払いの額よりも多くなるかを計算して、考えるといいでしょう。

基本的には若いときに入るなら「年齢払い」、中高年になって入るなら「終身払い」がおススメです。また視点を変えて、今後の経済がインフレに進むと予測するなら、終身払いを選択して、実質的な保険料負担を軽くするという考え方もあります。